共同土地利用による核施設の誘致

街並景観の統一などに工夫を凝らし

地域と共感・共生するまちづくりを目指します

伝統的建築物を活かした地方の再生にも携わり

地域社会と共に歩む、それが私たちの願いです

光亜興産が携わるまちづくり

More
まちづくりは夢づくり
“人が集うまちづくり”を目指す。それが光亜興産です。

光亜興産の「まちづくり」の歴史は、昭和52年4月「門真市古川橋土地区画整理組合設立準備委員会」発起より始まりました。それまで多くは基盤整備で完結すると認識されていた土地区画整理事業に当初より街並み景観の統一や共同土地利用による核施設誘致等による にぎわいの創出を終極の目的とし、そこに住む人・営む人がオンリーワンのまちと誇れ、そこに夢を求めて多くの人々が集うまちを創ることこそ「まちづくり」であるとの思いが、「ラブリータウン古川橋」の誕生に結実いたしました。
その経過の中で、支えとなったのが「まちづくりは人と人が織りなして初めて成功するもの」だという強い想いです。
これからもその思いを胸に微力ながら地域社会に貢献できるまちづくりを追及してまいります。

光亜興産株式会社について